印刷機をレンタルする際の機種の選び方

印刷機をレンタルする際、どのような機種を選べばいいのかというのは、状況によって変わってきます。 まず、「環境」。 オフィスが狭いのであれば、複合機を選びましょう。 1台に様々な機能が搭載されているため、あまりスペースをとりません。 次に、「用紙のサイズ」。 一般的なオフィスであれば、A3・A4・B4・B5の4種類で間に合いますが、A1・A2などの特殊な大きさの用紙を使うのであれば、それに対応した印刷機を選ぶ必要があります。

そして、「コピー速度」。 印刷機には、「低速機」「中速機」「高速機」という3種類の速度がありますが、これらは事務作業においてストレスの原因になりえます。 基本的に、速いほうが仕事の効率も上がりますし、耐久性も高くなっています。 コピー速度については、「月にどれだけの枚数を印刷するか」を基準に選びましょう。 月間の枚数が1,000枚以下であれば低速機、1,000~3,000枚であれば中速機、3,000枚以上であれば高速機がお勧めです。

ただし、速くなるにつれて価格も上がるので、枚数は多いが印刷する人数も多いという場合は、中速機を複数導入するほうがよいでしょう。 さらに、「予算」。 当然ながら印刷機にも相場はありますが、ある程度の相場を調べたうえで予算を組むべきであり、予算を決めてから機種を選ぶという方法はお勧めしません。 将来の経費が分かりづらく、却って損をしてしまうおそれもあります。 以上の点に注意して、レンタルを導入しましょう。